モーレ 30c$ 5exp モーレAM
攻撃するとダッシュで一気に間合いを詰めて殴りかかってくる。
やられる前にこちらもサブ武器で立ち向かうといいだろう。
小さくてすばしっこいので、Lサイズのロボだと苦戦する。
残念ながらラピーのようなLGではなくAM単体をドロップする。


プロック 40c$ 6exp プロックBD
小さいが、2連ハンドガンと近接攻撃を繰り出す。
2〜3体の集団で出現すると、思いのほかHPを削られる。
ブロックと思い込んでいるプレイヤーがいるが、正確にはplock[プロック]
プロックBDとカメンティスLGを使ってプロックを再現できる。

ブーチャ 100c$ 13exp ブーチャHD
HPが半分以下になると突然アクティブになる変わったモンスター。
口からハンドマグを発射し、正面に立つと強烈な蹴りを繰り出す。
3〜4体のブーチャに囲まれ、見向きが取れないまま撃破されてしまうことも。
ブーチャHDは性能としてはそこそこ。

ジュウガ 50c$ 10exp ジュウガHD、ジュウガAM
ライフルとハンドアクスを装備したアクティブモンスター。
動きが遅く、ライフルによる攻撃がうっとうしい。
近づくと猛烈にアクスを振り回してくるので、間隔をあけてメイン武器で倒そう。
ジュウガAMはコストのわりにはなかなかの性能。

ブレイダー 70c$ 15exp ブレイダーAM
腕が剣になっており、接近戦では無類の強さを誇る。
壁に追い詰められたときは、ジャンプしてその場をしのぐといい。
ブレイダーAMは、そのかっこよさから一時期絶大な人気を誇った。

ブラウンブターク 50c$ 10exp -
キャノンボールLGを装備したブターク。
動きが遅く、ソードのホーミングにさえ気をつければ大したことは無い。
ちなみにブタークBDはデゴのホワイトブタークからしか確認されていない。

イエローブターク 60c$ 14exp -
ゲルニアでは、主に遺跡で出現する。
マシンガンとハンマーは意外に強力で、ダッシュで間合いを詰めてくる。
なるべくマシンガンの届かない位置から迎撃するのがベスト

グランダム 240c$ 46exp グランダムBD/BS
4連マシンガンとミサイルを装備した大型モンスター。
これもダムツリー同様Mサイズ以下で密着すれば大したダメージを受けずにすむ。
グランダム自体あまり出現しないため、そのパーツは非常に珍しい。

カサカサ 40c$ 8exp カサカサBD
ゲルニアの遺跡のB5Fにのみ出現する。
じわじわ近づいてきてビームウェブを放ってくる。
ビームウェブの射程はかなり短いので近づかれる前に倒してしまおう。
ちなみにこのショットは貫通性能がありスタンを引き起こしやすい。

ソードム 80c$ 21exp -
専ら遺跡でストーンを守っている。
ゆっくりと近づいて頭のソードで問答無用で斬りかかってくる。
基本は引き撃ちで近づかれること無く撃破である。

ゼラチラーナ 110c$ 10exp -
フルビ遺跡B4F以降で出現するモンスター。
プレイヤーを発見すると近づき、圏内に入ると光りながら突進、自爆する。
光りだす前に撃破することでc$と経験値を入手できる。
たまに400以上のc$を落とすゼラチナーラがいる。

ホネボン - - -
メガホネボンとともに遺跡を守る雑魚。
雑魚とはいえ数が尋常ではなく、ホネボンに撃破されることのほうが多い。
ホネボンパーツはメガホネボンを撃破することでたまに入手できる。

メガホネボン - - -
カンビ遺跡の最下階、アダフーの聖地を守り続けるボス級モンスター。
メガホネボンの攻撃は指先からボムを発射するだけで、実に単純。
むしろ気をつけるべきはメガホネボンが従えるホネボンのほうである。
「タマラーン」

タコンボイ - - -
フルビ遺跡最下階に潜むボス。
本人曰くザコであるが、その弱さを数でカバーしている。
関西弁で口が軽く、倒すとコズミック・ルネッサンスの秘密をしゃべってくれる。
「でんがな まんがな ちゃいまんがな」













copyright(c) 2006 CyberStep, Inc. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system